長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

バニラエアとTHEアクセス成田を使って東京へ

新千歳空港から東京までいくらで行けたのか検証してみました。

まず行きは自宅から歩いて駅まで行き、そこからJRで新千歳空港へ。

そしてそこから成田空港へ飛行機に乗ります。

今回はバニラエア。

バニラエアは10kgまで飛行機内に手荷物を持ち込めますが、特に厳密に計測したりはしませんでした。(今は7kgになったみたいです)

事前にウェブチェックインして、紙ベースに印刷していたのでそれを持って即検査場へいけました。

一人だし特に席の指定などはせず47時間前くらいにウェブチェックインをしたら真ん中あたりの窓側をゲットできました。

早い段階でウェブチェックインすれば、バニラエアならば窓側から埋めていくのかな?と思いました。

たまたまな可能性は高いですが。(笑)

 

でもバニラエアはちょっと不便かな。

エアドゥはウェブチェックインすればQRコードが出てきてスクリーンショットしておけば航空券代わりになるのに対して印刷しなくちゃいけないって・・・無駄じゃないですか?って思ってしまいました。

印刷する環境にない人はまた自動チェックイン機使わなくちゃいけないのは無駄かなって。まあ安いからしょうがないということで。(笑)

 

それでまあ1時間くらい前についてしまったのでぼんやりしながら時間をつぶします。

そして、ネットで結構調べていたんでもしかしてバスに乗って飛行機までいくのかなぁ?なんてわくわくしていたんですが、普通に時間になったらいつも通り乗車できてしまい少しがっかり(笑)

 

そして、エアドゥと比べると前の席が近くてものすごく圧迫感を感じましたね。

座り心地ももちろんよくないです。

しかしまあ1時間半程度なので我慢できます。

となりに太めの男性が座ったのですが、狭そうでした。

あと真ん中の手すりみたいなのを下げていないのがデフォルトみたいでしたね。

太めの男性だったので、・・・下げたらちゃんと下がるのかな・・・なんて思いながらちょっと見てしまいましたよ。

 

それでほぼ定刻通りに到着。

そして、かなり歩く。歩く。歩く。

そして初めて第三ターミナルへつきましたが、うん。

比較的新しいだけあって、とてもきれいでした。

それに、わかりやすいです。

初心者の私でも迷わず高速バス乗り場にたどり着くことができましたので。

 

そして、THEアクセス成田の乗り口は2番。

これもわかりやすかったですね。

割と乗ってすぐ発車したので、タイミングもよかったです。

1番が確か東京シャトル

こちらは事前予約すれば900円で東京まで行けますよ。

乗ったことないからわからないけど。

 

で、肝心の高速バスの乗り心地は悪くなかったです。

飛行機と同じくらいの感覚でしたけど、広く感じましたね。

景色もきれいでしたし、快適に定刻通りついていましたね。

あとトイレもついている(たまについていないのがあるらしいですが)のが東京シャトルとの違いでしょうか。

バスのトイレはあまり使いたくはないですけど、緊急事態がないとも限らないので(笑)保険のためにトイレがついているのはうれしかったです。

 

あ、そうそう支払いもsuicaとか使えるので楽でしたね。

乗るときに行先を聞かれました。そこで東京か銀座と答えて1000円を払えばあとは好きな席に乗るだけです。

行きは10人くらいしか乗っていなかったかな。

 

そこから70分ほどで東京駅に到着。

そこから目的地まで電車に揺られ、特に迷ったり困ったり誰かに迷惑をかけることなくちゃんとつくことができましたよ。

よかった。

 

で、東京までにかかった金額は(詳細書きたいけど身バレも怖いのでまとめて)9576円でした。

あれ・・・意外と高くついた?

と思いましたがまあ・・・前回のエアドゥに比べたら5000円弱安くなったので満足な結果になりました。

もう1本早い便だと1000円くらい安かったんですけど、夜につきたかったので。

 

あ、もちろん時間は羽田空港へ行くより倍くらいかかりましたけどね。(笑)

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ