長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

退職後の手続き~役所編

8月いっぱいで離職しました。

新しい働き口は決まっていません。

とりあえず少し休むことにしました。

というわけで、離職票が手に入ったので手続きを行ってきましたー。

離職票をもらったらまず、役所に行きます。

国民健康保険国民年金に加入しなくてはならないからです。

ちなみに任意継続を選択した場合は国民健康保険には加入しなくていいので読み飛ばしてください。

 

私はまず役所の総合案内で「退職したので年金と保険の手続きをしにきたんですけど・・・」というと、お姉さんがまず国民健康保険の方の案内をしてくださいました。

再び「退職したので手続きにきたんですけど」といい、離職票を渡すと何やら用紙を渡され、記入しました。

住所とか名前とかですね。印鑑も押したかもしれません・・・(曖昧)

免許を見せて「少しお待ちください」となり、少し待つと簡易的な薄っぺらい保険証と厚みのある説明の書いた紙を渡され終了。

特に何も難しいことはありませんでした。

退職したーってことを伝えてしまえばあとは向こうの指示に従うだけ!って感じで。

ただ、保険料めっちゃ高い・・・びっくりした。

こんなことなら任意継続しておけばよかった。

事務の人に「任意継続したほうが少し安いはずだよ」って言われたけど少しならいいやって。

少しじゃなかった・・・

ここには離職票と印鑑と免許があればOKでした。

 

で、手続きが終わった後、「年金の手続きはお済ですか?」と聞かれたので「いいえ」というと、次の行先を教えてくれました。

その先で再び「退職したので手続きに来た」と伝えると、先ほどと同じく離職票を渡し、目を通した後年金の手続きが始まります。

先ほどと同じように紙を渡され、記入していきます。書くところはきちっと教えてくれるので特に難しいことはありません。

その間に年金手帳を渡し、担当してくれたおば様が何やら電話でやりとりをしていました。

それが済んで毎月払う額はいくらですよーって言われておしまいでした。

ここでもさっきの三点セットと、年金手帳を持っていけばOKでした。

 

とりあえず市役所での手続きはこれでおしまいでした。

10分ちょっとで終わったかなぁ。

 

次はハローワークへ行くことになります。

離職票をもらったらできるだけ早く行きましょう。

でも、離職票ハローワークに出すと返してもらえなくなるので市役所へ行くのが先のほうがいいですよー。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ