長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

虫嫌いのカメムシ撃退法

4月に一匹のカメムシ

あいつは恐ろしいですね。

虫嫌いの私は、大げさですが格闘しました。

あれは明けの日。

シャワーもして、コンタクトも外した、歯磨きもした、洗濯もした。

さあ、あとは寝るだけだ、とトイレに入りました。

何気なく手をふくタオルを見たら小さい黒いものが。

え、なに?と少し近づいてみると、虫!

うわ!となり、そうっと用を足して手をふいてトイレから出ました。

そう、そのとき私はその虫がカメムシだということに気が付いていなかったため、手を下さずに終わりたい・・・なにせ明けで眠いし・・・

ということで掃除機で吸い取ってしまったのです。

 

ふぅ、これでとりあえずいいや、と眠りにつきました。

昼過ぎに起きてから家でゆっくりすごしていました。

夕飯を作り、食べ終わった後くらいになんだか懐かしいような・・・でも嫌な臭いがします。

なんの臭いだろう・・・とその匂いの記憶をたどっていくと・・・

 

 

 

あ!カメムシだ!!!!!

 

ということに気が付きました。

 

そこで、そうか・・・さっき吸い取ったのはカメムシだったんだと気づいてしまったんです。

臭いはなくならず、臭い続けます。

どうにかしないと、と臭いの元を探しました。

 

掃除機は幸い臭くなく、だとしたら脱出して別の場所にいて、異臭を放っているんだ・・・とよかったような悪かったような・・・と思っていましたが、寝室は臭くない。

ということはリビングにいる。

そう感じ、リビングを探すとすぐ発見しました。

どうしよう・・・

飛んだりされたらかなわない・・・臭いをますます出させてもまずい・・・どうしよう・・・

ずっとそんなことを考えていました。

そして、もう、どうしていいのかわからなくなり、でもそこからいなくなるのも困る。

また捜索しなきゃいけない・・・と。

 

ということで何を思ったのか私はカメムシのいるあたりにそうっと小さいバケツをかぶせました。

そして少し現実逃避。そして、再びどうにかしなくちゃ、とそうっと小さいバケツを開け、所在確認。

奥のほうにいらっしゃる。ということでバケツを傾け、アースジェットをシューーーーと噴射しました。

そしてすぐに再びバケツを置き、閉じ込めました。

しばらくしてそうっとバケツを開け、見てみるとなんかぴくぴくしてる。

そして臭い。

臭いはしょうがない。

でも、それ、どうしよう。と、私はまたミスを犯します。

・・・掃除機で吸っちゃった。

もう死ぬだろうと思ったんですよ。

間接的にも触れたくなかったし。

 

そのあと再び出てきて戦うんですけどね。

その間にネットで撃退法について調べておいたんです。

 

虫嫌いに一番いいのが、ペットボトルの中に閉じ込めること。

壁なんかについていたらペットボトルにカメムシを入れてしまって蓋をするのがいいって。

自分の臭いで死ぬだか気絶するらしいんですよね。

だからそれを行いました。

そして、水洗トイレに流してやりました。

 

それからカメムシは出現してきていません。

また現れたらその方法を使うことにします。

 

一番効果的なのはガムテープにくっつけて周りを密閉してしまう方法らしいんですが、私にはそんなのは無理です。

至近距離すぎます。

でも、本当に虫嫌いからしたら恐怖しかないんですよね。

・・・一人暮らしつらい・・・。

そう思った一日でした。

 

そして、今日。家にアリが二匹。

アリなら飛ばないから大丈夫なんですよね。

ティッシュで潰して撃退しました。(笑)

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする