長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護の現実~私の夫はどこに行ったの?②

 さて、前回の続きですね。

「私の夫はどこに行ったの?」

と言われ、悩む入居者さんの対応についてです。

 


もちろん、今までずっと一緒にいた夫が急に自分の前から姿を消したわけですから不安にもなりますよね。

寂しいし、つらいし、どこに行ったんだろうと心配になりますよね。

その気持ちはわかります。

でも・・・こちらとしても何度説明しても納得してもらえないわけですから、ストレスが溜まってきます。

何度も言っている通り、こちらも人間ですから。

納得してくれないから、話がずっと続くわけです。

コールが鳴ってもいけない、ほかの仕事もできない、となるわけです。

後々、大変になってくるんですね。

 

そうすると、職員も逃げ出したくなりますよね。

避けるようになります。

聞かれることはわかっているんですから。

同じ展開になることもわかっているんですから。

他の仕事が残っているならなおさらです。

 

 

 

・・・難しいですよね?

こちらも、ご家族様もいろいろと工夫はしているんです。

 

カレンダーに夫は入院しているとご家族様が書いてくださったり。

ノートに誰が来た、とかメッセージを書いてくださったり。

こちらとしても誰がきた、とか日記を自分で書いてもらったりもしているんです。

・・・・・効果はありません。

 

どうするべきなのでしょうか。

 

日中は、ちょっと買い物に出かけましたよ、なんて嘘をついたりもします。

しかし、夜はその言い訳は苦しいですよね。

買い物に行った、だとすぐ納得してくださるわけですから、楽ですよね。

すぐ帰ってくるから、と言っておけば納得してくださる。

 

嘘をつくのはよくないことですが、この場合はどうなのでしょうか。

夫が入院していることを忘れている上に病状もわからないわけです。

こちらがいくらよくなってきているから心配するな、と言っても心配しないわけありません。

自分の夫なのですから。

誰だってそうですよね。

自分のご家族や彼氏、友人が入院したと聞けば心配しますよね?

それと一緒です。

 

買い物に行ったといえばその心配をその方はしなくて済むわけですから、間違ってはいない対応なのではないでしょうか。

確かに嘘はついていますけれど。

言っても忘れてしまうので、やっぱり毎回同じように心配してしまうわけです。

そうして、職員に質問攻め・・・

 

こういうことって。

やっぱり何が正解で何が間違ってるとか・・・考えれば考えるほどわからなくなります。

でもやっぱり正解はないのですから、考え続けていく他ありません。

 

こういう方に出会うと、本当にこの仕事は難しいな、と思います。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ