読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護の現実~私の夫はどこに行ったの?①

今日は介護のことを書いてみようと思います。

 

今回はこんなケースを書いてみます。

 

ある日の新規入居の方の話です。

その方は夫婦で入所しました。

しかし、夫はその日の明け方、急変し救急車で運ばれ入院しました。

もちろん妻もそれを見ているし、知っています。

 

そして、妻はとにかく夫が大好きでした。

いつも一緒にいたんです。

なので、こんなことが起こりました。

 

「私の夫はどこに行ったの?」

 

 


もちろんその日からほぼ毎日ご家族様がいらして、状況を説明してくださったり、夫の病院に一緒に連れて行ったりしてくれていました。

しかし、ご家族様が帰られた後、何度も聞いてこられるんです。

 

「私の夫はどこに行ったの?」

 

認知症で、短期記憶がないんですね。

1分前のことも忘れてしまいます。

でも、覚えていることは覚えているんです。

でもなぜかずっと考えているはずの夫のことは忘れてしまう。

 

なので、説明してもすぐに忘れて職員を探しては同じことを何回も聞いてくるんです。

とにかく聞きたいことがたくさんあるようで、夫はどこに行ったの?

→今は病院に入院しているんですよ

→私、そんなこと聞いてない、どこの病院にいるの?

→○○病院ですよ、ご家族様が今日来て言っていましたよ

→私は聞いてない・・・

→よくなってきてるからもうすぐ戻ってこられるそうなので心配しないでって言っていましたよ

→そうなの・・・

→はい、だから安心していて大丈夫ですよ

→でも私、そんなこと初めて聞いた・・・

 

本当に悩んだ顔をしてそういうんです。

でも、もう何度も職員もご家族様も説明している訳です。

全く納得してくださらないんです。

 

お見舞いにいったことも忘れてしまうんです。

そして、上記から数分でまた戻ってきます。

そして、同じことを聞かれます。

 

 

 

居室に戻ったとしても、居室内をうろうろと落ち着かない様子で歩き回っておられます。
もちろん歩行は不安定で、いつ転んでもおかしくないような状況です。

 

さて、どうしますか?

 

もちろん、家族ではないので、その人だけずっと見ているわけにはいきません。

他の入居者さんたちもいるわけですから。

 

でも、それが私たちの仕事でもあるわけですから、そのシーンからはもちろん逃げられません。

 

30分に何回あるかわからないこの方の対応。

きっと、これにも正解はないですよね。

 

次回はうちの施設で行った対応を書いてみようと思います。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする