長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護の仕事でつらいこと、離職率の高さの原因について考えてみる①

介護の仕事をしていると思うことがあります。

 

介護の仕事でつらいことはなんでしょう。

離職率が高いのはなぜなんでしょう。

そういうことを考えてみます。

 


やっぱりご利用者さんの生死にかかわる仕事だということです。

緊急時の対応も様々ありますし、うまく対応できなかった、もっと○○してあげられたのにと後悔したこともあります。

ご利用者さんの死にかかわった時には、やっぱりつらいものです。

私も経験してしまいましたが、やっぱり1週間くらい寝る前にいろんなことを後悔したりフラッシュバックしたりしてしまったものです。

衝撃的すぎる死にかかわると、記憶が薄くなったとしても忘れることはできません。

たぶん、私も一生忘れないんだろうな、と思います。

 

 

 

もうそれから2年経ちました。

しかし、この時期になるといろいろ思い出してしまうものです。

そういう人がなかなか体験できないことも意図せず経験してしまうものです。

やっぱりこれが一番つらいかなと思います。

 

その他で言えばやっぱり長く働けば働くほど、業務以外の仕事を任されることが多くなるのがつらいですね。

役職をつけられたり(いいことなんですが、私は自信がないのでまだやりたくありません)、○○委員長とかをやらされたり。

行事関係の委員が一番大変な気がしますが、新しく作られた委員の長をやらされるのが一番大変だと思います。

一から作り上げていかなくちゃいけないんですからね。

 

業務だけでもしんどいのに、委員会や行事・・・いろんなことをしなくちゃいけません。

できる職員を目指すとそういうことものしかかってきます。

さらにしんどいです。

 

そして、シフト勤務なので出勤時間が毎日違います。

だんだん遅くなっていく勤務ならまだいいのですが、一番つらいのが早くなっていく勤務でした。

一番つらかったのは、14時から23時上がりの次の日10時出勤。

で、普通に19時いてからの7時出勤。

どうにかなんなかったの、その逆階段。(笑)

 

一日だけならなんとか・・・でも二日続けて早くなっていくと体がつらいです。

だって、帰ってすぐ眠れないですよね?

帰ってシャワーしてご飯食べて寝る、くらいしかできませんもん、こんな勤務の場合。

ヘルプの際、よくつけられました。

あとは夜勤明けた次の日、7時出勤とか。

徹夜明けで次の日7時とかなかなか眠れないよ?と。

布団に入ってからすぐ眠れる人はいいんですが、私の周りにはマイスリー睡眠導入剤)飲んでる人、2人います。

ちなみに私もどうしても眠れないときは服用しています。

眠れないと体が悲鳴を上げてくる年齢にもなりましたしね。

 

そういうことが離職率の高さの理由でもあるのではないでしょうか。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ