読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護の仕事のメリット・デメリット②

介護

午前中は休みについてのメリットデメリットを挙げてみましたが、今回は根本的なことを書いてみたいと思います。

 

介護の仕事のメリットはやっぱりやりがいなんですかね。

やっぱり

「ありがとう」

とか言われるとうれしいですし、やめるときなんかに本気で悲しんでもらえるとうれしいものです。

 

調子のいい方は

「寂しくなるね」

と言いつつも元気にしていたりもしますが。

あとはみんなに

「あなたでよかった」

とか言ってくる人もいますが、私もみんなに言ってるんでしょ?

と思いつつもとてもうれしく思えたりするものです。

その一言で、頑張れたりしますしね。

 

まあ逆のパターンもありますが。

何もしてないのに、言いがかりをつけられたりもします。

私の顔を見るだけでキーキー怒り出す方もいました。

昔の嫌いだった方に似てるとか、疎遠の孫に似てるとかそんな理由で不機嫌になる方もいたりしますしね。

 

でも、

「あなたが一番。あなたがいなくなったらどうしよう」

とか言われたことも何回もありますが、毎回うれしい。

 

でも、一度だけ声を出して泣かれたことがあって。

仕事が一番忙しい時間に泣かれたのでどうしよう、と戸惑ったこともあります。

(明けの起床介助時でした)

でも、泣いちゃうほど必要とされる人になれて、うれしいなと思いました。

だけど、罪悪感がやっぱりありますね・・・

 

 

 

でも、この仕事って、相手の感情がすぐにわかる仕事でもあるので、怖くもあります。

反対に相手が本音で話しているとも限らないですしね。

反応や言葉、態度などを見て言葉の裏にある本当の感情を見抜けてしまったりもするので、ああ、こんなことを言わせてしまった、とか思ってしまうこともあります。

 

「ありがとう、めんどくさいしょ?ごめんね」

など、トイレ誘導時、しっかりしているご利用者さんに言われたりもします。

特に頻尿の方に多いですね。

30分に1回とか。

正直、うんざりしてしまいます。

またか・・・と。

 

でも、本当はこんなこと言わせちゃいけないんです。

だって、私たちはそれが仕事なわけですから。

「本当だよ。もう少し我慢して」

とは言えません。口がさけても。

「そんなことないですよ、こちらこそ、コールを押してくださってありがとうございます」

等、言わなくてはいけません。

 

・・・思ってないですよ、思えないです。

私、人間ですもん。

夜勤でやられたら、一人しかいないわけですから、30分に1回でも行かなきゃいけないんです。

一人の時間7時間半、・・・計算すると15回になるんです。

単純計算でも。

イライラしてしまいます。

でも言ってはいけないんです。

 

でも、私より2倍3倍生きているご利用者さんたちです。

わかります。言い方や態度で。

 

申し訳ないと思わせないように気を配るのも仕事です。

そういう小さいストレスって、意外と溜まってしまうものです。

デメリットの一つとして挙げておきます。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする