読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護の仕事のメリット・デメリット①

介護

今日は介護の仕事のメリット・デメリットをたとえ話とともにいくつかあげてみたいと思います。

 

介護の仕事をするメリットは、やっぱりシフト勤務なので休みが不定期というところでしょうか。

土日休みではないので、役場に行く用事なんかがあっても平日休みが普通にあるのでスムーズに行けます。

お子さんが小学生なんかだと社員でも指定休をとれるので行事なんかにも参加できたりします。

そして、休みが平日だとランチなどの恩恵や、いつも土日には混んでいる店にもそこまで混んでいない形で行けたりします。

道路なんかもすいてますしね。

 

逆にいえばお子さんがお休みの日に働かなくてはいけないのでやっぱりお子さんがいる女性はパートさんが多いですね。

男性でお子さんがいる方は土日は奥さんが休みだからがつがつ働いてたりしますが。

 

 

 

そして介護関係の仕事をしていると、サービス業や介護・看護等以外の仕事をしている人のお友達が多いと苦労します。

土日休みがそこまで取れないので。

土日はパートさんがお休みの場合が多かったりするので指定休を取らないと休みはなかなかつきませんのでだんだん疎遠になっちゃったりもします。

それがデメリットではあります。

みんな土日休みを結構とりたかったりするので土日ばかり休み希望を取るわけにもいきませんし。

大体指定休は2つまで、と制限もあったりします。

周りがサラリーマンだったりすると厳しいかもしれません。

 

そして、有休はあまり取れません。

結構人数キツキツで働いているところが多いので、とれても3か月に1回くらいしかとれない施設が多いのではないでしょうか。

しかも突然自分が希望していないところで、というのが多いです。

有休消化のために上の人が勝手につけるやつです。

そこで有休!?っていうのが多いです。

指定休みで2つ以上休みたいという人が自分でつけたりしてとるっていう場合も多いですが。

去年私は自分で2つ、勝手にが1つありましたが3つしかとってないので、投げられる有休が多いです。

どこもそうなのかしら?(笑)


あとは、ハローワークなんかに行けばわかる通り、もし今の施設に何かしら不満をもって退職することになったとします。

が、経験と介護福祉士の資格があるので、次の職場はすぐに決まるといったメリットもあります。

介護は常に人手不足ということもあり、経験と資格があればすぐにでもきて!

という施設ばかりな気がします。

なので、やめたとしても次に困るということもありません。

 

私も今の施設で3カ所目ですが、正直困ったことはありません。

ある意味安定している職種なのです。

当たり前といえば当たり前ですが。

 

逆に、違う職に就きたい!と思った場合はデメリットかもしれませんね。

どうして介護をやめてうちに来ようと思ったの?介護をどうしてやめるの?と聞かれたら困りますね。

嫌になったから、とは言いにくいですしね・・・私は困ってしまうだろうなー。

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする