読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

仕事中の飲み物代を節約しよう②

前回の続きで、飲み物代節約について書いていきます。

 

私はピーコックの直のみを選びましたが、直のみは洗うのがちょっと面倒だったりします。

衛生面を考えると漂白などの作業もちょっと面倒ですよね。

ペットボトルなら汚れたら捨てたらいいし、と考えたら気が楽ですよね。

ラベルはがした感じが貧乏くさいとか嫌だと思っちゃう人はペットボトルケースにいれたらかわいいですよね。

保冷効果もそのままよりありますしね。

 

 

夜勤の時なんかはコーヒー飲んだりします。

誰かがくれることもありますが、紙コップとスティックのコーヒーがロッカーに入れてあるので、お湯は施設のお湯を入れて眠気覚ましに飲んでます。

冬は体も温まるのでいいですよ。

缶コーヒー買うより安いですしね。

夜勤中は誰もいないので、そんな節約をしていることがばれることはありません(笑)

 

飲み物は毎日にかかわることですからね。

毎日飲み物を買うとしたら、ペットボトル1本150円の計算では、×30なので4500円にもなりますね。

週1回飲み物を買うとしたら、150×4で600円になりました。

差額3900円です。

毎月。

年間にすると46800円ですよ。
毎日だとすればまるっと4500円浮くわけですから、年間54000円。

大きいですよね。

 

 

 

飲み物+コーヒーっていう人は飲み物を麦茶に変えるだけでも違うのではないでしょうか。

もちろん、飲み物は普通に買って、コーヒーを水筒に入れて持っていくということもできますよね。

どちらも節約のためにやめろというのはストレスになります。

 

私も疲れたときオロナミンCが飲みたくなったりしますもんね。

それは我慢しません。

だって飲みたいんですもん。

それを我慢してたら、仕事なんてやってられません。

必要経費だと思うようにしています。

 

節約は大事。

でも、ストレスをためこまないことはもっと大事。

節約家の人たちから言わせれば甘い!となるんでしょうが、私の節約はゆるーくでいいんです。

二つに一つ節約できればそれでいいんです。

オロナミンC、毎日飲みたくなるわけじゃないし。

スーパーの特売の日に買っておいて職場の冷蔵庫で冷やしておくっていうのもいいかなと思ってます。

 

逆に、ですが仕事中は好きなものを飲んで、家では麦茶で節約!

というのもありかなーとも思います。

でもやっぱり家だと2Lのペットボトルとかにできますから、節約効果としてはやっぱり・・・仕事中に軍配が上がるでしょうか。

 

やっぱり家では仕事のご褒美として好きなもの飲みたいよー(笑)

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする