読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護職員の給料③

介護

前回の続きです。

 

この施設は有休を年ごとにいつとる、いつとるって計画的に使わせる施設だったんですね。

有休の計画的付与制度っていうんでしたっけ・・・?


給料安い以外は本当にいい施設だったと思います。

 

 

有休残が多分10くらいあったんですが、申し訳なさからか、

「やめる日までに全部使ってくれて構わないから」

と言ってくださっていたので、自分勝手に半休やら一日有休やら突然前日に言い出すやらと、とにかく自由に使わせてもらい、その有休消化の中で職業安定所へ通い、面接をして新しい施設を決め、契約期間前にスパッとやめさせてもらいました。(○月3日までとかっていうずいぶん中途半端な感じだったので・・・。1日から働きたいじゃないですか)

 

ある意味解雇だったので、失業保険すぐ出るし、(月6~8万くらい?笑)実家に帰って三か月くらいのんびりしようかな、なんて考えていましたが。

性格的に一回働かなくなったら働くの億劫になるかもな・・・と考えてすぐに働くことにしました。

 

この施設で一緒に働いていた人たちには「恨んでない?」とか、言われましたが。

新しい施設も決まっていたのでその緊張はありましたが、特に恨むということはありませんでした。

解雇を言い出されたけど、きっと金銭的に無理がきて結局はやめていたとは思いますし。

お金に少しでも余裕がないと心にも余裕がなくなるしね。

デイだけじゃなくて若いうちに施設も体験してみたかったですしね。

 

 

 

私は何とも思いませんでしたが、後日給料を受け取りに行く際(現金手渡しだった)、施設長から初めて謝罪を受けました。

まあ、そうだろうなーと思いつつ、へらへら笑って

「私は別に全然気にしていないので。そちらも気にしないでください」

とかなんとか調子のいいことを言った覚えしかありません(笑)

 

何とも思っていないはずなのに、施設の前をたまにプライベートで通ると嫌な気持ちになってしまうことがあったのは内緒です。


お互いなんだか気まずいしもう二度と行くこともないだろうなと思っていたこの施設ですが。

去年なぜかそこの後輩(この子も解雇組)と遊びにという名のボランティアに行ってきたんですがね。

そこでも謝られましたが、新しい施設をもうやめてまた新しい施設に行っていたのでもう笑い話になりました。

行く前は車の中で何度も吐きそうになり、

「今度遊びに行きます」

なんて調子のいいことを言った後輩を少し恨んだりもしましたが。

結果的には行ってよかったなーと思えたのでよかったです。

 

長い年月はかかったけど、多分そのときようやくお互いの中で円満に終わったんだと思います。

 

 

hodahoda.hatenablog.com

hodahoda.hatenablog.com

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする