読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護職員の給料②

介護

前回の続きです。

さあ、2年後。どうなったかというと・・・

 

2年たって、交通費が一律6000円出るようになりましたが、それから1か月ほどたったとき、経営難で最低賃金水準まで落ち込みました。

 

いくらだったかな・・・12.5万くらいだったかな。

その交通費入れて。

交通費なくしたら、最初から少ない給料が、2万ダウンしたんですよ。

びっくり。

というか、最低賃金じゃなかったのね?って思いました。(笑)

あんまり記憶にないですが、引かれると10万ちょい。

さらにそこから住民税払わなくちゃいけないんですよ。

・・・そりゃやめますよね。

その時思ったんです。

これが俗にいう、最低賃金・・・

生活保護水準より下・・・

そりゃ働く気、なくなりますわ・・・

 

 

 

そして私もいろいろ考えました。

一人暮らしだし。生活かかってるし。

14万の時だってぎりぎりだったのに、どうやって生活してけと?と思いました。

 

でも、ここではまだやめません。

だって、楽だったし。

それになんだかんだ楽しくやってたんですよ。

だからどうにかならないかなー。

と考えながら節約すればなんとか、なんて考えていました。

 

でも今考えると本当にひどいですよね。

手取り10万て。

働く気なくなりますよね、普通なら。

 

でも家賃がすごく安いところに住んでいたんですよ。

2.3万。

しかもオール電化なんだけどなぜか灯油ストーブがついていたり。

水洗トイレだったけど下水道料金は住民分まとめて大家さんが払ってくれるっていう謎システムもあったから根拠もなくいけるんじゃないか!と思っていたわけです。

無駄遣いもしてませんでしたしね。

 

けど。

はい、経営難はなかなか解消されません。

ということで、それから1か月後、くらいだったかな。

解雇を言い渡されます。

・・・笑っちゃう。(笑)

 

で、目が覚めるわけですよ。

いろいろな意味で。

解雇は平社員、パートのみ。役職ついてる人たちと看護師2名のみが残りました。

 

看護師1名はその事実に激怒して(こっそり解雇を言い渡されていたからか)

「職員を守れないような施設、やめてやる!」

と私がやめた1か月後にやめたみたいです。

(やめるといってから1か月やめられませんから)

後日残った2名と解雇組2名でその方のおうちに遊びに行ったのですが、穏やかに笑っていろんなおもてなしをしてくださいました。

ピザ焼いてくれていたりなんだりと。

とてもいい方なんです。

 

私が辞めるとき手紙を渡してくださったんですが、大きめの封筒(A43つ折りで余裕あるくらいの)でくださったんですね。

「家に帰ってから開けてね」と言われて、照れくさいのかな、なんて思いながら家に帰って封筒を開けたら。

さらに封筒が出てきて、「気持ちばかり」と封筒に印刷されていて。

まさか。

と思ったら5千円と、5円玉が入っていて驚きました。

もらえないよ、と思って連絡しようにも連絡先知らない・・・・・と絶望したものです。

というか、この施設の施設長もそういうことしないのに、えええええ・・・と。

ただひたすらどうしよう、なんて思っていた記憶があります。

 

・・・どうしてるのかな。Kさん・・・

今でもたまに思い出します。

 

 

hodahoda.hatenablog.com

hodahoda.hatenablog.com

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする