長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

五年付き合った彼氏に振られた時のこと②

前回の続きです。

 

それからというもの、ご飯が食べられなくなって、2週間で4キロも痩せました。

その時の私はサプリメントを朝なんとか飲み込んで仕事に行くという感じでした。

そもそもおなかがすかない、ご飯を食べようとしたら噛んでも噛んでも飲み込めない。

そうこうしているうちに次第に嘔気が襲ってきて。

 

 

・・・次第にそんな自分が情けなくなってしまって。

もう、ご飯を食べることをあきらめてしまいました。

その時の私はご飯を食べているより煙草を吸っている時間の方が長かったです。

彼氏に依存していたんだとその時ようやく気づきました。

その依存先がなくなり、煙草に依存した。

自分でも吸いすぎだな、って気づくくらい煙草をふかしていました。

そして、どうやったら忘れられるんだろう、とかずっと延々と一人で考えていました。

 

 


いつもと変わらない仕事をして、いつもと変わらない日常をなんとかこなしていく。

そんな感じの毎日でした。


でも、今まで見えていた景色とは全く違いました。

彼氏といたことで世界が輝いて見えていたわけではありません。

でも、彼といた毎日で当たり前だった景色がモノクロとまではいきませんが、色褪せて見えていたことは間違いないです。

 

そこで、私はやっぱりなんだかんだ言ってもちゃんと彼のことが好きだったんだな、とようやく気づきました。

今考えると、多分彼がいなくなった毎日を想像することができなかっただけなんだと思います。

なんだかんだ腐れ縁で、ずっと一緒にいると思っていたから。

 

 

hodahoda.hatenablog.com

hodahoda.hatenablog.com

hodahoda.hatenablog.com

hodahoda.hatenablog.com

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする