読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長く付き合った彼氏に振られ、気付けばもう30代。

5年付き合った彼氏にフラれた後の30代前半女の生活・恋愛・節約などしていることについて

介護実習を楽にうまく乗り切るコツ②~介護学生向け

介護

昨日の続きを書いていきますね。

実習を楽にうまく乗り切るコツです。

まあ楽にっていうと語弊はあるかもしれませんが。

やりやすく少しでも楽しくっていうのが正解かもしれませんね。

 

 

挨拶をしっかりできること。

実習生が介護できないのは当たり前。

という二つの話をしましたね。


今日は三つめ。

二つ目と関連性のある話ですが、ある程度たって、簡単な介助をやってみたいと思った場合(何回か見ていることも大事)

「○○さんの○○介助をやってみたいんですが、見ていていただいてよろしいですか?」

なども時間のある時、タイミングを見計らって言ってみたらいいと思います。


実習生に大事なものはやっぱり、やる気。+言ってみる勇気。

言ってみたら嫌な顔をする職員はあまりいないと思います。

忙しい時間に言われたらイラッとするかもしれませんが。

タイミング、大事です。(笑)

施設によってはコミュニケーション重視ということもあると思います。

介護技術なんて、働き始めれば嫌でも身に付きますからね。

でも、担当ケースに介護度重い人を選定したときなんかは介護もしないとその人のこと、わかりません。

全然理解できません。

話をするだけがコミュニケーションではないということです。

話をするだけでは情報不足ということになります。

介護をしている時だけ話してくれるお話もあるかもしれません。

とにかくその人を知りたいという気持ちを前面に出してみましょう。

手の空いている時間に職員に聞いてみてもいいと思います。

いうか聞かなくてはたった数週間の実習では知るということは難しいと思います。

上っ面だけならできるかもしれませんが。

ケアプランとかも作らなきゃいけません。

ものすごく大変です。

 

 

 

話しかけやすい職員を見つける、というのも大事。

聞かなくても何でも教えてくれるような職員と仲良くなっておくと楽です。

でも、その人の話だけを信用してはいけないですけどね。

いろんな職員に話を聞いてみると、いろんな面からその人を知れると思います。

一人が

「あの人は気難しい人だ」

といっても、もう一人は

「見た目は怖そうだけど話してみると明るくて楽しい人だよ」

という場合だってあるわけです。

この場合は最初の一人が気難しいと思い込んでいてその方を避けていることだってあります。

もしくは本当に気難しい人だけど、後者の方には気を許していてよくしゃべる人なのかもしれません。

でも、最初の一人でほかの職員に聞かなければ、あなたの中で、気難しい人、で終わってしまいますよね?

 

いろんな人から話を聞く。

もちろん、自分でもその人を見つめることを忘れてはいけませんよ。

ただ、担当ケースばかりを見ているのもダメです。

そんなことをしていれば多角的に見るようにしましょうと担当の職員さんに必ずといっていいほど言われます。

一点だけ見てるなってことですね。

職員になったら担当を持つことになりますが、その人ばかり見ているわけにはいきませんからね。

そういうことです。

実習をうまく乗り切るためには、

・まじめに話を聞く

・ある程度のやる気を見せる

・タイミングは大事(笑)

・笑顔も大事

・できないのは当たり前くらいの気持ちで臨む(態度に出しちゃだめ)

・一人の利用者(担当ケース)に固執しない

こんなもんですよ、こんなもん(笑)

 

ちょっとの勇気でうまく立ち回れたりしますからね。

実習なんてたった4~6週間。

短いようで長い実習を楽しく乗り切れるかは自分次第です。

 

二年生は新学期が始まって1か月たたないうちに実習の時期になると思いますが、(地域や場所で違うのかな?)みなさん、頑張ってください。

 

皆さんが、実習をうまく乗り切れますように。

 

 

hodahoda.hatenablog.com

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

広告を非表示にする